Soma Houseキッズスクール 脳科学児童デイサービス 特設サイト

電話受付 平日10:00~17:00 電話:0783926730
2017.12.14

腸内環境に善玉菌を増やしただけで発達障害の予防や改善をした研究のまとめ

近年、腸内環境が脳や健康に及ぼす様々な影響に関する研究が進んでいます。腸と脳の様々な信号のやり取りによって、免疫力、脳の神経の発達、健康状態が大きく影響を受けることが分かってきました。  また、
続きを読む
2017.12.11

環境要因から自分の子供がADHDのリスクを持つかを予測する方法

ADHDは遺伝率が80%と高いことが分かっており、環境要因はおよそ20%ほどであるとされています。とはいえ、残りの20%の環境要因もまたADHDのリスクを高めることに変わりはありません。実際、ADHD
続きを読む
2017.12.07

オキシトシンを出して脳に良い変化をもたらす方法

オキシトシンは、数多くの研究によって、以下のような機能が備わっていることが分かっています。   ・細胞分裂を促す ・傷の回復を早める ・低出生体重児の体重増加を助ける
続きを読む
2017.11.21

承認欲求が満たされない、ネグレクト傾向にある、支配的である親に育てられると子供の共感能力は育たない

引きこもりタイプの子供や、インターネット上などで自分の写真を載せるなど承認欲求を満たされたいがために目立つようなことをするタイプの人は、実は人格障害(以下パーソナリティ障害)である可能性があります。逆
続きを読む
2017.11.18

相手の感情を予測するだけで自分の仲間以外にも優しくなれることに関する研究

自分と仲が良い人には優しくしたり、ある程度融通をきかせることがあります。子どもも同じで、早ければ3歳になる頃には、すでに自分の仲間とそうでない人たちを区別して、態度や優しさを変えることが分かっています
続きを読む
Copyright (C) 2014 SOMA Corporation. All Rights Reserved.